道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<認知機能、アロマで刺激>

認知症やパーキンソン病といった脳の病気と、匂いの感覚である臭覚の関係が注目さ
れている。香りによって認知機能を刺激したり、40~50代から特定のアロマオイルを

使ったりすることで、病気のリスクを減らす試みが始まっている。認知機能が衰えるリス
クのある人たちに、臭覚訓練をして効果を確認する研究も動き出す。

鳥取県在住の40代半ばの女性Aさん。昼に香りのする「アロマペンダント」を首にかけて
過ごしている。ペンダント内のマットにはアロマオイルの一種である「ローズマリー・カン

ファー」と「レモン」の精油が染み込ませてある。(認知機能、アロマで刺激2へ続く、日経、
編集委員・吉川一輝氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-08-29 13:35 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <認知機能、アロマで刺激2> <急な発熱、どう対処する?7> >>