道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<急な発熱、どう対処する?6>

極度の脱水が疑われる。うわごとを言う、受け答えがはっきりしないなどの意識障害は、
脳炎の可能性がある。呼吸が苦しそうでヒューヒューと音がする場合や、爪の色や唇の

色が悪いのは、気道、呼吸器系の病気の可能性が高い。
「これらの症状が出たら救急車を呼んだ方がいい」(織田センター長)。子供なら、これら

の症状のほかに、発熱に伴って起きる熱性けいれんにも気をつけたい。「ほとんどの場
合は5分ほどで治まるので、平らなところに寝かせて落ち着いたら受診を」(鳥海院長)。

「ただし、2回繰り返す、けいれんとけいれんの間に意識を失う、5分以上治まらないなら、
細菌性髄膜炎などの可能性もあるので救急車を呼んで」と話す。

(急な発熱、どう対処する?7へ続く、「日経、健康生活」巴康子氏・フリーライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-08-26 12:27 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <急な発熱、どう対処する?7> <急な発熱、どう対処する?5> >>