道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<急な発熱、どう対処する?3>

―心地よさも基準―
「ならば、高熱でも冷やさなくてよいのだろうか。脳が39度まで熱をあげようと判断したら、

37度でも悪寒がして震える。この場合は体を温めた方が良い」と織田センター長。急に熱
が出たからといって体を冷やすと本人は寒すぎて辛い。

基本は「寒くて震えている時は保温、暑くなったら冷やす。どちらが気持ちいいかで判断す
る」(同)。体を保温する場合は、通気性のいい掛物をかける。冷やす場合は、動脈が比較

的皮膚表面近くを通っている両脇、太ももの内側の付け根(鼠蹊部)、首側面辺りの頸動
脈の上を冷やすのが効果的だ。(急な発熱、どう対処する?4へ続く、「日経、健康生活」

巴康子氏・フリーライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-08-23 13:08 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <急な発熱、どう対処する?4> <急な発熱、どう対処する?2> >>