道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<血管年齢知って病気の芽を摘む2>

臓器は絶え間なく働くだけに、血液の流れが滞ると全身に変調をきたしやすい。心臓から
出て酸素や栄養を運ぶのは動脈で、加齢のほか生活習慣などで動脈硬化になる。

硬くなる原因の多くは、年と共に血管の壁が厚くなったり、動脈の内側にコレステロールな
どがたまったりする現象だ。

血液を送り出す心臓の負担が増すほか、酸素や栄養が臓器にうまく行き渡らなくなる。
動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳梗塞の危険が高まる。動脈は外側から順に「外膜」「中

膜」「内膜」の3層からなる。普段は内膜にある内皮細胞から血管収縮物質であるエンドセ
リンと、血管を柔らかくする一酸化窒素などが出る。

(血管年齢知って病気の芽を摘む3へ続く、日経・日曜に考えるヘルス、山本優氏資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-08-02 14:22 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <血管年齢知って病気の芽を摘む3> <血管年齢知って病気の芽を摘む> >>