道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<便秘、タイプ別解消法7>

昨日、下剤の多くはセンナや大黄など、腸を刺激する成分を含む。便秘解消をうたう健
康茶なども同様だ。これらを常用すると腸が疲れて動きが鈍る。下剤の頻度を減らし、

腸を休めよう。というようなことを記述。その続きです。毎日使っているなら、週3回ほどに。
「排便は毎日でなくても問題なく、下剤を飲んだ翌日に出ればいい」(水上部長)

食事が原因のこともある。「偏食で食物繊維が足りない」人と、「食物繊維を取り過ぎ、そ
の割に水分が少ないため、硬くてかさの多い便が詰まる」人とがいるという。

便秘はこれらの原因が複合して起こる場合もある。自分に合う対策を探ろう。また、大腸
がんなど病気が原因のことも。血便や細い便、微熱、急激な体重減少に気づいたら医療

機関の受診を。(日経・北村昌陽ライター資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2016-07-12 15:09 | 整体と健康 | Comments(0)
<< <帯状疱疹、ワクチンで予防> <便秘、タイプ別解消法6> >>