道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<肉・魚と野菜類のバランスは1対2の割合3>

野菜や果物、穀類など植物性の食材が大切なのは、動物性食品だけでは足りな
い栄養素があるからだ。例えば葉酸、ビタミンC、パントテン酸、レチノールなど。

1日に必要な栄養が1600キロカロリーの場合、動物性食品500グラムに対して
植物性食品1000グラムが目安になる。重量で1対2と思えばいい。

鶏から揚げを100グラム取るなら、200グラムの野菜や果物、主食が欲しい。
先進国の平均寿命が発表されるたび、日本人の食生活や暮らしぶりが国際社会

から、長寿の秘策として注目される。(肉・魚と野菜類のバランスは1対2の割合4へ
続く、日経・荒牧麻子食卓プロデューサー資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-12-22 15:46 | 社会経済 | Comments(0)
<< <肉・魚と野菜類のバランスは1... <肉・魚と野菜類のバランスは1... >>