道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<日々の生活を支える「ものづくり」5>

非破壊検査市場が成長することで新たな機器の開発が加速し、参入社も続々と増加し
ている。そのため、交通インフラのメンテナンスに関する新たなルールづくりが求められ

ている。現在、国土交通省では、橋梁やトンネルなど交通インフラの点検・診断を行う技
術者に、必要な資格を決める取り組みが進められているという。

インフラ改修には莫大な予算がかかるため、老朽化した道路を一度に改修するのは難
しい。非破壊検査を活用し、早急に補修が必要な個所を見極め、工事すべき個所を絞

って効率的に改修・維持していくことが求められる。
毎日の生活を支え、かつ災害時には生命線となる交通インフラを維持するためにも、

非破壊検査の果たす役割は大きい。
(日々の生活を支える「ものづくり」6へ続く、日経・「ものづくりNext Era」資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-09 16:10 | 社会経済 | Comments(0)
<< <日々の生活を支える「ものづく... <日々の生活を支える「ものづく... >>