道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<日々の生活を支える「ものづくり」4>

様々な周波数を使ったアンテナ技術で、道路やトンネルの内部にある劣化部分や配管
経状などを効率よく把握でき、問題が見つかった個所を補修することで、事故を未然に

防ぐのに役立つ。非破壊検査では、使用箇所によって必要とされる検査機器・方法は
様々だ。

高速道路の橋梁などでは、磁石で吸い付き自走するロボットを活用、地用音波で異常を
探るものもある。また、高度な安全性が求められる発電施設などでも、非破壊検査の需

要は高まっており、ニーズに合わせた技術・商品開発も進んでいる。
交通インフラの老朽化は大きな社会問題あり、その診断ビジネスは年々拡大を続け、そ

の需要は5年前に比べると3倍以上に伸びている。検査するだけでなく、検査機器の販
売やレンタルの市場も同様に広がっている。

(日々の生活を支える「ものづくり」5へ続く、日経・「ものづくりNext Era」資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-08 11:50 | 社会経済 | Comments(0)
<< <日々の生活を支える「ものづく... <日々の生活を支える「ものづく... >>