道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<日々の生活を支える「ものづくり」3>

経済活動を遅滞なく行うためには、今あるインフラを活用しながら検査と補修、建て替え
などを行うことが求められる。

こうした問題の対策として最近注目を集めているのが、非破壊検査だ。打診や赤外線、
超音波による検査のほか、最新の電磁波レーダーを使って、外側からは見えないコン

クリート内部の空洞などを的確に見つける検査方法だ。これは老朽化リスクが予想され
る個所にセンサーを当てると、モニター画面にコンクリート内部を可視化した画像が映し

だされるという新技術だ。
(日々の生活を支える「ものづくり」4へ続く、日経・「ものづくりNext Era」資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-11-07 13:25 | 社会経済 | Comments(0)
<< <日々の生活を支える「ものづく... <日々の生活を支える「ものづく... >>