道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<アジアと日本の関係深化を6>

日本の大学は、留学生受け入れに積極的に取り組んでいるが、英語で学位取得できる
大学・大学院の不足がある。また、留学生がアパートの賃貸契約を結ぶことの難しさ等、

制度的・社会的な課題も多く指摘され、その結果、日本ではなく他の国の大学に有望な
学生が、留学してしまうという状況も見られという。

しかし、グローバル化の動きは本来、内から外へ、また、外から内へと双方向であるべ
きで、日本では後者の「外から内へ」の取り組みがこれまで十分ではなかったと思う。

―日本とアジアのWIN-WINの関係構築に向けてー
アジアと日本との関係を考えると、人口が減少する日本と増加するアジア、消費規模が

縮小する日本と拡大するアジア、最先端技術を有する日本とその技術を必要とするアジ
アというように、様々な側面で補完関係にある。

(アジアと日本の関係深化を7へ続く、日本貿易会・小林栄三会長資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-07-25 14:45 | 社会経済 | Comments(0)
<< <アジアと日本の関係深化を7> <アジアと日本の関係深化を5> >>