道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<海洋立国の大陸棚4>

前回、離島に名称を付けることで、日本の領土であることを国内外に明確に主張で
きる。中国は海洋活動を活発化させ、尖閣諸島周辺で領海侵犯を繰り返している。

というようなことを記述。その続きだす。これは海上保安庁などによる領海警備に加

えた対抗手段になる。12年9月の尖閣諸島の国有化では、中国が反発しただけで
なく、摩擦を増やしたことへの批判的な声が米国からも上がった。

それを教訓に、無名の島への命名にあたっては、政府は米国と綿密な打ち合わせを
した。大陸棚の拡大を含め、領土・領海を巡る関係国との調整は今後も慎重なかじ

取が求められそうだ。
―「燃える氷」300兆円、日本の近海に眠るー

日本近海に眠る燃える氷と呼ばれるメタンハイドレートやレアアース(希土類)、レア
メタル(希少金属)を含んだ海底熱水鉱床などが豊富に存在していることが、近年の

実証研究で分かってきた。
(海洋立国の大陸棚5へ続く、日経新聞、「海洋立国・大陸棚のばせ」参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-07-13 12:57 | 社会経済 | Comments(0)
<< <海洋立国の大陸棚5> <海洋立国の大陸棚3> >>