道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<企業は独立の気力あるものが勝つ2>

実体経済は、既に輸出、設備などの主要項目が増加に転じた。原油価格の低下は、
消費に好影響を与え、企業の交易条件を好転させている。

日本経済は十分な金融緩和を背景に、ゆっくりとしたスピードで再び拡大の過程に
入ってきている。4月には賃金上昇も加わる。年央以降は米国金利の上昇による更

なる円安も想定され、今後は、売り上げと利益の拡大という好循環が期待される。
しかも、昨秋の日銀の追加緩和で長期債の購入が一段と進み長期金利が低下した。

(企業は独立の気力あるものが勝つ3へ続く、日経・「大機小機」資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2015-03-10 12:43 | 社会経済 | Comments(0)
<< <企業は独立の気力あるものが勝つ3> <企業は独立の気力あるものが勝つ> >>