道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<多極化する世界で生き残りを5>

公約のインフレ率2%達成のために、量的緩和を続けるのは本末転倒だろう。出口戦略
の策定も難しくなる。さらに日本は人口減少社会を迎える。

企業経営者は将来を見据えて設備投資を決める。市場が縮小すると分かっていて設備
投資を積極的に増やすだろうか。今はそんな不安を大盤振る舞いの金融政策で何とか

覆そうとしているのが実情だ。この流れをいかにマイルドなものに落とし込み、人口減少
が進む日本の生活水準を維持するか。

バブルの状態化のようなことが起こらないように、うまくソフトランディングさせていく必要
がある。 (多極化する世界で生き残りを6へ続く、三菱UFJリサーチ&コンサルティン
グ・中谷巌理事長資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2014-12-25 12:08 | 社会経済 | Comments(0)
<< <多極化する世界で生き残りを6> <多極化する世界で生き残りを4> >>