道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<多極化する世界で生き残りを3>

―出口戦略が焦点―
今後の焦点は、15年から16年にかけて日本の金融政策をどうするかという点だ。米国

は既に量的緩和をやめることを決めたが、逆にそのタイミングで日銀は一段の量的緩和
を決め、円安が急速に進んだ。ただ、量的緩和はあと2年続けても物足りないだろう。

日銀が目標にする2%の物価上昇は、そう簡単に達成できないからだ。主因は足元で
進む原油安だ。エネルギーコストの低下は日本経済にとってはプラスだが、物価を下落

させる効果を持つため、インフレ目標2%の達成はますます困難になるだろう。
(多極化する世界で生き残りを4へ続く、三菱UFJリサーチ&コンサルティング・中谷巌
理事長資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2014-12-22 15:56 | 社会経済 | Comments(0)
<< <多極化する世界で生き残りを4> <多極化する世界で生き残りを2> >>