道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<人材登用のポイントは2>

当社では、管理職などリーダーについて、目標達成に向けて組織のメンバーと協力でき
るか、困難な課題に直面したとき柔軟に行動できるか、顧客志向を持っているか、そして

業績を上げることなどを判断基準にしている。こうした資質を備えて業績を上げた人材は
昇進につながるという基準を明確に示すことは重要だ。透明性の高い評価制度があれば、

若く才能のある人材がキャリア形成の機会がないと不満を持ったり、組織を離れることは
防げるだろう。

また、年功序列を重視し過ぎると組織が硬直化しやすい。
情報の流れも上司から部下へという一方通行では非効率なものになり、業績悪化につな

がるリスクがある。(人材登用のポイントは3へ続く、マーク・スレード、DIHグローバルフォ
ワーディングジャパン社長資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2014-03-24 16:15 | 社会経済 | Comments(0)
<< <人材登用のポイントは3> <人材登用のポイントは> >>