道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<ネットワークと危機への備え2>

DHLグローバル・フォワーディング社は世界各国を結ぶ物流企業で、異常気象、厳しい交
通渋滞、政治や経済の混乱といった予期しない出来事に対応する「事業継続計画」を持っ

ている。アイスランドの火山が2010年4月に噴火し、欧州発着の航空輸送が混乱した際
は、同計画のおかげで代替航空路や、トラックによる陸路を確保できた。米西海岸で港湾

労働者のストライキが発生した時も、複合輸送によって港での貨物の停滞を緩和させた。
重要なのは危機や問題を経験したあとに、計画を見直し修正することだ。そうすれば今後

起こりうる危機の影響を最小限に抑えられる。もちろん計画にこだわりすぎず、柔軟に行動
することも欠かせない。誤りやトラブルは避けられないが、どれだけ素早く反応し修復でき

るかが、成功と失敗の分かれ目だ。予測と準備、危機が発生した現場の状況がはっきりす
るのに伴って、計画を調整することが、ネットワークを機能させるカギだろう。

(DHLグローバル・フォワーディングジャパン社長)
[PR]

by refresh_light | 2014-02-09 14:48 | 社会経済 | Comments(0)
<< <ぬめりで免疫力アップ> <日本の「おもてなし」に学ぶ3> >>