道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<日本の「おもてなし」に学ぶ3>

前回、「おもてなし」という言葉は昨年9月の国際オリンピック委員会総会で滝川クリス
テルさんが使って、五輪招致に効果を上げた。「おもてなし」の実践はビジネスでも効

果を発揮し、世界の舞台で日本企業の評価を高めることにもつながっている。というよ
うなことを記述。その続きです。

日本企業の「おもてなし」は単にモノやサービスを売るだけではなく、無私無欲の心遣
いに重点を置き、顧客の満足度を高めようとしていることが、独特だと思う。ビジネスに

携わる私達にとって、こうした発想を世界各国の事業に、どう取り入れられるかを考え
ることは有益だろう顧客にふさわしい「おもてなし」を提供しようと努める姿勢が自社の

価値、個性、目標を高めることにつながりやすいからだ。
(アマール・ザヒッド日本テトラパック社長資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2014-02-06 16:42 | 社会経済 | Comments(0)
<< <ネットワークと危機への備え2> <日本の「おもてなし」に学ぶ2> >>