道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<攻めの経営へ転換を3>

前日、「これまで我が国の企業は、ヒトをコストと捉え、雇用の非正規へのシフトや賃金抑制
で、競争力を確保するビジネスモデルを追及してきた」というよなことを記述。その続きです。

しかし、これが生産性の向上を妨げ、賃上げをさらに難しくしてきたのではないか。「知財重
視の時代はヒトへの投資こそが長期的な競争力向上の有力手段である」ことが忘れ去られ

ているのだ。経営の転換は高付加価値化への道であり、付随効果として組織力を高めるこ
とも期待できる。賃上げはその第一歩だ。

持続的な賃上げが高付加価値化への推進力になり、競争力を高める好循環を目指すべき
だ。経済成長のエンジンたる企業には、大胆な経営転換で新しい地平を切り開く気概を期

待したい。(足立経済金融研究所・足立茂代表資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2013-10-18 13:22 | 社会経済 | Comments(0)
<< <変わる新宿南口> <攻めの経営へ転換を2> >>