道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<消費税と補正予算3>

昨日、政府も景気回復の持続性に万全を期すため、補正予算の編成によって、消費税引き
上げへの懸念を取り除こうという方針のようだ、というようなことを記述。その続きです。

しかし、これは問題も多い。まず、社会保障と税の一体改革を進めようとしている最中に、補
正予算で歳出拡大に動くのは施策矛盾である。 政府部門の無駄を省いて小さな政府を志

向する視点からしても、増税と歳出増加の組み合わせは、大きな政府への道である。これは
民間部門を圧迫し、アベノミクスの第3の矢である「民間投資を喚起する成長戦略」に逆行す

る。補正予算が編成されるとしても、大盤振る舞いは避け、成長分野に歳出を限定すべきで
ある。消費税引き上げに際し、社会保障と税の一体改革という本来の趣旨を忘れてはなら

ない。   (伊藤忠商事・中島精也チーフエコノミスト資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2013-09-25 13:24 | 社会経済 | Comments(0)
<< <タフな高齢者になりたい> <消費税と補正予算2> >>