道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<進む再生医療、軟骨3>

昨日、データを、立体物を複写することが出来る3Dプリンターに取り込み、リン酸カルシウ
ムをⅠ層0.1~0.2ミリの厚さに何度も重ねて印刷、立体化する、というようなことを記述。

その続きです。これは焼き固めていないため、移植後は徐々に自分の骨に置き換わって
いく。ただし、本来の骨ほどの強度はなく、今のところ手足のように荷重がかかる部位には

使えない。主治医の菅野勇樹さんは、移植から約2年後、Bさんのインプラントの具合が悪く
なり手術した際、移植した人工骨と骨の境界が消えていることを確認した。Bさんは「もともと

顎が長めだったのに、つぶれたようになっていた。人工骨のおかげでようやく見られるように
なった」と喜ぶ。カスタムメイド人工骨はすでに治験が終わっており、来年にも製造・販売が

承認される可能性がある。3Dプリンターによる立体化技術は、耳の軟骨のように複雑な形
をした軟骨再生にも応用できると期待されている。(読売新聞、医療ルネサンス資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2013-08-25 14:59 | 社会経済 | Comments(0)
<< <組み合わせの発想> <進む再生医療、軟骨2> >>