道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<塩害の田んぼで綿花栽培3>

綿花栽培は、未経験だけに苦労は絶えなかった。種の選定や肥料の使い方は、栽培指導
の経験を持つ紡績会社の役員らに助言を求めた。

雑草の除草は、参加企業の社員ら延べ200人以上が手伝った。今年は試験栽培のため
畑は1.2ヘクタール。「コメだけに頼ってきた農業を変えるチャンス。来年は日本一の広さ

で耕作する一大ブランド産地にしたい」と考えていると渡辺さん。だが地区内の全農家が参
加しているわけではなく、土地を確保・集約できるかは未知数。行政などから助成金を得ら

れるかも確定していない。プロジェクトに参加している宮城県名取市の農業法人「耕谷アグ
リサービス」は約60ヘクタールの土地で大豆をつくる一方、綿花の作付け面積は0.4ヘク

タールにとどまる。佐藤専務は「収益性の低さがネックだ」と指摘。「綿花で自立できるよう
になるには、国や自治体の支援が不可欠だ」と話している。 (日経新聞資料参照)
[PR]

by refresh_light | 2011-11-19 11:50 | 社会経済 | Comments(1)
Commented by アグ at 2012-01-09 11:25 x
畑は1.2ヘクタール。「コメだけに頼ってきた農業を変えるチャンス。来年は日本一の広さ
<< <渋谷の劇場・シネコン新しい街へ> <塩害の田んぼで綿花栽培2) >>