道玄坂近所で自然治癒力アップの整体をやっています。
by refresh_light
<長生き、秘訣は和食3>

前回、第3は、炭水化物の食べ方が変化してきたことだ。体内で分解され、ブドウ糖にな
るが、食品によって代謝速度に大きな差がある。その速さは「グリセミック指数(GI)」とい

う数字で表せる、というようなことを記述。その続きです。グリセミック指数は、ブドウ糖を
食べた場合(最大値)を100とした割合のことだ。GIが大きな食品ほど、血糖値が上がり

やすく、肥満や糖尿病を促進するというエビデンス(科学的な証拠)がある。煮込んだ料理、
レトルト食品、パン、菓子などはGIが大きく、ご飯、麺類、果物などは小さい。手軽さや
グルメ志向で、GIの大きいものが多くなっているのが気になる。

これら3点に注意して、和食をベースに時々肉類も食べるようにすれば、理想的な栄養
バランスになる。3食をいつも同じ時間に取ることも大切。体内には食事のリズムを記憶

する仕組みがある。それに合わせることで血液中の栄養分も、ほどほどに保たれる。
「長寿の秘訣は和食」といえる。(新潟大学岡田正彦教授・「ほどほど健康術」参照)
[PR]

by refresh_light | 2010-11-28 14:31 | 食べ物 | Comments(1)
Commented by tom-cat at 2010-11-28 14:44 x
和食がいいのは分かっててもつい肉などに手を出してしまいます。
でも規則正しく時間のサイクルで1日を行動すると体調が良くなって
るのに気づきました☆
<< <長寿の沖縄、食に秘訣> <長生き、秘訣は和食2> >>